2016年10月03日

第2回バンブーサックス愛好会イベント開催します!

「ライブ演奏に挑戦!音楽パーティーやろうぜ!」
2016年10月29日(土)13:00〜17:00

<会場>
東京倶楽部本郷店 (イベント中は禁煙です)

東京都文京区本郷3丁目31?3 本郷スズヨシビルB1F



<概要>
バンブーサックス愛好会メンバーを中心に音楽好きが集まって日頃の練習成果を発表したり音楽談義をしたりして交流を深める音楽パーティーです

プロのピアノトリオをバックにライブ演奏してみませんか!
バンブーサックス以外の楽器や歌での参加もOK!
ライブに挑戦するもよし、ただ聴くだけでもよし!
皆で楽しめる催し物がたくさん!
演奏しない方も参加OKですので、お友達を誘って是非ご参加ください!


ヒチリコ製作&奏者の光平と日本語ジャズボーカリスト深川隆成のニューヨーク二人旅の報告及び凱旋ライブ、ヒチリコ&金色ポケットサックスのオークション&抽選会など盛りだくさんです!

詳しくはこちらをご覧ください!
posted by 光平 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

ブログ移行のお知らせ(再告知)

先月から新しいブログを始めたので、ここでご案内の記事を書いたのですが、何故かiPhoneアプリでは読めるのですが、私のパソコンからは読めなくなっているので、再度お知らせいたします。


新しいブログは、私が開発した篠竹製の超小型バンブーサックス「篳利胡(ヒチリコ)」の魅力を伝えるため、アメーバブログ上に開設しました。

マウイ・ザフーンの欠点を解決することから始まったヒチリコ開発でしたが、その経緯から書き始め、現在はヒチリコの魅力について書いています。

バンブーサックスに興味がある方は是非読んでいただきたいと思います。

<バンブーサックス「篳利胡(ヒチリコ)」の魅力>
http://ameblo.jp/hichiriko/


ここは休止としますので、今後は新しいブログでよろしくお願いします。

なお、移行できなかった記事もあるので、ここの過去ログもチェックしていただければ幸いです。


ありがとうございました。
posted by 光平 at 18:16| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

アメブロ始めました

ここはご無沙汰ばかりしてますが、新しくアメブロを始めたので、こちらは一旦休止したいと思います。

最近ほとんどマウイ・ザフーンは吹かなくなってヒチリコに専念しているのでこの際心機一転ヒチリコに絞ったブログを書くことにしたんです。

ということで、今後は次のブログの読者になっていただきたいと思います。

<バンブーサックス「篳利胡(ヒチリコ)」の魅力>
http://ameblo.jp/hichiriko/
posted by 光平 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

コンサートにご招待します

皆さんご無沙汰してます。

さて今日は、東京近郊の方へうれしいお知らせです。
って、あまりたいしたことはないですが。

下記にご紹介するコンサートに一名ご招待しますので、ご希望の方は竹音工房篳利胡製作所のトップページのお問い合わせフォームからコンサート希望の旨ご連絡くたさい。

Twitterでも募集しておりますので、すべての中から最初に当方に届いた方が当選となります。
当選された方にだけこちらからその旨ご連絡を
差し上げますので、あらかじめご了承ください。

当日は新宿あたりで待ち合わせて私と一緒に会場へ向かいましょう。昼食でも食べながら色々話をしてもいいですね。


「Big Band / Wind Orchestra」
ジャズとクラッシックの響演
■日程:2010年10月11日(月・祝)
■時間:開場:14:30 開演:15:00
■会場:東京オペラシティ コンサートホール
■ゲスト:トロンボーン奏者 中川英二郎
posted by 光平 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

地元のライブハウス「サムシング」

このブログの更新は文字だけならiPhoneでもいいんですが、音や画像を入れたりするにはやはりパソコンじゃないと駄目ですね。

最近iPhoneばかりいじっているのでパソコンを使うのが億劫になってしまって、ここも疎かになってしまってます。


それはさておき、前回少し書いたとおり茨城県ひたちなか市のライブハウス「サムシング」に遊びに行ったわけですが、実はそのお店の場所は30数年前に住んでいた家があったところなんです。いやー、奇遇ですね。

当日は、石川次郎(P)&三船千草(S.Sax)という珍しいデュオのユニットが演奏する日だったんですが、やはりふたりでは寂しいのかフルートの方が応援で何曲か参加しているとのことでした。

そこに私もゲストとして参加させていただいたわけですが、いかんせんジャズの曲はやりたくてしょうがない割に全然練習していないので、何をやればいいのか困ってしまいました。

とりあえず、前日から当日にかけてスタンダードな曲からできそうなものを何曲かピックアップしてメロディー譜を印刷していきましたが、キーを合わせるのにヒチリコのどの管がいいか急遽打ち合わせして、なんとか数曲演奏することができました。

サムシングにてヒチリコ演奏1 サムシングにてヒチリコ演奏2

しかし、この前のマイケル田山氏との演奏のときと同じようにピッチが低くなってしまって冷や汗をかきながら演奏しました。

これは、根本的にヒチリコの調整がダメなのか後で検証してみたのですが、原因は限界を越えて大きな音を出そうとしたためだとわかりました。

ピアノとサックスだけなので、いつもマイクなしでやっているとのことだったので、ヒチリコは小さい割りには大きな音が出るので大丈夫だと思ったんですが、さすがにラッパ型になっているサックスに比べれば音量は少し小さいですから、ソプラノサックスに負けないように頑張って大音量で吹いたわけです。

ところが息を強く吹くとリードが振動しすぎてマウスピースとの間が狭くなって音抜けが悪くなってしまい、ピッチが下がってしまうんですね。

演奏中は跳ね返りもないので自分の音が聞こえにくくて、どうしても強く吹こうとしてしまうのでピッチが下がってしまったんです。

楽屋に戻ってチューナーで計測しても普通に吹けばピッチは低くなかったので、吹く強さの限界を越えていることに気づいたわけです。

やはり他の楽器と合わせるときはマイクを入れないとダメなんだとわかりました。

ヒチリコの魅力、コンセプトは軽く吹けばいい音色を出すことができるということですから、無理して大音量で吹くのはダメだということがはっきりわかりました。

結論として、ジャズをやるときは必要以上に吹き込まなくていいようにマイクを使うべしということですね。

それに自分の音が前には出ていても、周りの楽器の音が大きいときはそれらの音に消されてしまい自分には聞こえないので、絶対にモニターがないとやばいということです。

以上、ライブをするときは音響に注意しないといい演奏はできないという当たり前のことを強く実感したライブ体験でした。

今後は、そういうことを踏まえたライブをやれたらと思う次第です。

ラベル:ライブハウス
posted by 光平 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

ちょっとした出会がライブ活動のきっかけになるかも?

昨日、茨城で音楽教室とライブ活動をされているサックス奏者のマイケル田山氏の演奏仲間であるピアニストの方がやっている音楽教室の生徒さんの発表ライブがありました。イベント



説明がえらく長くなってしまうほど直接私とはつながりのない方々のライブだったんですが、マイケル田山氏にサックスを習っているという奥さんと偶然近所の公園で出会いまして、田山氏ならヒチリコに興味を持ってくれるだろうから、このライブに行って田山氏と会ったらどうかと誘われたので、一緒にライブに行ってきたわけです。車(セダン)



生徒さんの演奏が終わったあと、田山氏を含めた先生方で結成しているレギュラーバンドの演奏があり、「テイクファイブ」のあと「枯葉」をやったんですが、この曲の途中から私も飛び入りでアドリブ演奏で参加させていただきました。演劇

tayama2.jpg

田山氏はごっつい感じのダンディーな方ですが、私は体が小さくて遥かに見劣りしてしまいますね。

特に最近頭が薄くなってしまい、一見したらただのおじさんですからね。(´;ω;`)



今後ライブ活動をやっていきたいので、何か特徴のある格好を考えないといけないですね。やっぱりこの頭では帽子を被ったほうがいいでしょうかね。





このあと、ヒチリコの紹介をさせていただきまして、独奏で「童神」を演奏しました。るんるん


tayama1.jpg


ヒチリコは本当に小さいので、遠くからだと目立たないのが欠点ですかね。

持ち運びには最高なんですがね。



それからもう一つライブの話題があります。



ひたちなか市内にあるジャズのライブハウス「サムシング」のチーフさんから明後日の15日に2、3曲演奏しませんかと流行のツイッターでお誘いを受けたので、恥をかきに行くことにしました。たらーっ(汗)



当日は、ピアノと女性のサックスのデュオの方々が出演する日なんですが、ドラムなどリズムセクションがいないようなので、リズム感がある曲はやめてバラードとかゆっくりと歌うような曲を吹かせてもらおうかと思ってます。るんるん



これから選曲して、少し練習したいと思います。ぴかぴか(新しい)



こんな感じで、少しずつ何らかの出会いが演奏活動につながっていくようです。今後の出会いに期待して頑張っていきま〜す。手(グー)
posted by 光平 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。